レストラン

現金を持ち歩かずに支払い

仮想通貨ビットコインは現金を持ち歩かなくてもビットコインが導入されている店舗であれば、スマホで支払いが出来ます。使える店の種類も多く、飲食店を中心に普及しており焼肉店やレストランなど様々な店の支払いや家電量販店などでの買い物が出来るので便利です。

店員

豊富なメニューも魅力

新宿の居酒屋は圧倒されるほどのメニューと、リーズナブルな価格設定も人気の秘訣です。お店によっては素材にもこだわりを持ち、酒のつまみに美味しいメニューの数々を味わうことができます。高級レストランとは違い、新宿の居酒屋で提供をするメニューは、リーズナブルな価格設定も人気の秘訣です。

ウェイトレス

便利なコインを活用

ビットコインが使える店は、増えています。実際に利用していきたいということであればインターネットで探せばすぐに見つけることが出来ます。また、都内を中心に増えているということから新しい決済方法として注目されています。

イタリアン

飲食店の利用について

新宿にはビジネス街が広がっており、それに従って歓楽街が形成されています。歓楽街にある居酒屋の種類は様々で料金設定も異なるため、予算に応じて選ぶことが可能です。新宿には七丁目まであり、区域ごとに居酒屋の雰囲気が異なります。そのため、事前調査は大事です。繁忙期には、事前予約を忘れないようにします。

ワインや注文のマナー

食べる人

食前酒にはスプマンテ

雰囲気のある池田のイタリアンで、素敵な食事をするときには、イタリア料理の基本的なマナーも心得ておくとよいです。池田でイタリアンを楽しむときの注文は、基本的にはコースを頼むようにします。好きなものだけを単品で注文をすることもできますが、意外と料理の組み合わせに気を使うことになりますし、それだけマナーも増えるためです。池田のイタリアンでも食前酒を飲むのが一般的な流れですが、日本人の感覚として食前には、シャンパンと思い込みやすいのをいったん止めてみます。シャンパンを飲むのがいけないわけではないものの、シャンパンはフランス料理の時に似合いますし、シャンパーニュのワインです。池田でのイタリアンを食べるときには、スパーリングワインを選びます。イタリアにおいてスパークリングワインは、全てはスプマンテのことであり、食前にはスプマンテを頼むことです。お店のメニューを見ても、スパークリングワインの文字を見つけられないときでも、スプマンテを選べば問題ありません。居酒屋などでビールを飲む機会の多い日本人は、お酒を注ぎあうときには、グラスを持ち上げることに慣れています。しかしイタリアンをいただく際に、ワインを注いでもらうときに、ビールのようにグラスを持ち上げてはいけません。ワインは注いでもらうのを余裕を持って待っているだけでよく、絶対に自らグラスを持ち上げたりはしないことです。イタリアンをいただくときには、ナイフとフォークの使い方にも意識をする必要がありますが、ペアで用意されているときには、外側のものから使えば問題ありません。

Copyright© 2017 注文のマナーを学べばイタリアンをもっと楽しめる All Rights Reserved.